FANDOM


Wikiの現代化の概要
広告の数の削減
  • 広告数を減らすために新しいレイアウトを導入しました。
  • この新レイアウトでFANDOMの広告の30%が削減されました。
  • この改良によってページのデザインと読み込み速度が改善されました。
  • 注目動画とデザイン変更で広告を減らすことに成功しました。
注目動画
  • 注目動画はページのテーマに沿った、関連性の高い内容を扱います。
  • 注目動画は記事ページのトップ付近に表示されます。 (例: Alec Ryder, Newt Scamander)
  • 注目動画はモバイル版サイトにも表示されます。
  • 広告を兼ねた注目動画によって広告の数を削減します。
  • 注目動画は自動再生(音声はデフォルトではミュート)され、ページをスクロールすると最小化されます。ビデオの設定で自動再生を2週間オフにすることができます。
ページと記事ヘッダーのデザイン変更
  • 新バージョンのページおよび記事のヘッダーを複数のコミュニティでテストしました。
  • それぞれのニーズに応じ、ヘッダーのデザインはログイン版とログアウト版で少し異なります。
  • 最終版は6月13日にすべてのFANDOM wikiでリリースされました。7月27日にはディスカッションの新デザインも導入されました。
その他のデザイン変更
  • 現代的な右カラム・モジュールをリリースしました。他のモジュールも近日中に現代化される予定です。
  • ページ底部のファン・フィードアップデートされ、Wikiページ、コミュニティのディスカッション、注目記事、注目動画、Wikiスポットライトが表示されるようになりました。
疑問やフィードバックをお待ちしています!

2017年初めより、私たちは「Wikiページ上の広告数を減らす」という目標に向けてサービス開発に取り組んできました。この作業は「Wikiの現代化」というプロジェクトの大部分を占めるものでした。サイトのデザインと品質を改善すれば、これまでのようにページを広告で埋め尽くさなくても、ユーザーと広告主に最新のウェブ体験を提供できるようになると考えたからです。

このたび、私たちはこの重要な目標を達成し、10月2日月曜日付で、すべての地域を対象に、ページあたりの広告数を減らした新しい広告体験を導入しました。これにより、サイト上の総広告ユニット数の30%以上を削減することができました。FANDOMとユーザーの皆さんが共に長年望んできたことが実現に至り、スタッフ一同たいへん嬉しく思っています。

新しい広告レイアウトの導入対象

この新しいレイアウトは、各地域(現在のところ英国以外)のすべてのWikiですべてのページに導入されています。さっそくチェックしてみてください!今回の導入で多くの皆さんに特に関心を持っていただける点は、右カラムの動作です。右カラムを広告でびっしり埋め尽くすのはやめ、ユーザーのスクロールに合わせて移動するようにしました。ほとんどのページでは、最初に「人気のFANDOM記事」モジュールが表示され、 スクロールを続けると途中で広告に切り替わり、その後再びモジュールに戻ります。さらに、「人気のFANDOM記事」モジュール自体も以前より縮小しました。非英語コミュニティには「人気のFANDOM記事」モジュールがありませんが、スクロールに合わせて動く広告が表示されます。

また、ページ下部の広告数も減らしました。小型の広告をたくさん掲載する代わりに、ページ上部と同様に、ページ下部にも広告を1つだけ表示します。

新しい広告レイアウトのメリット

この新しいレイアウトには、主に次の2つのメリットがあります。

  • 最新のウェブ体験:皆さんも、広告がページの隅々を埋め尽くして目障りになっているウェブサイトをご覧になったことがあると思います。このようなサイトが原因となって、広告掲載の基準が変わりました。ユーザーはそのようなサイトを見たがりませんし、広告主もそうしたサイトとは関わりたくありません。最新のデザイン基準に合わせることは、ユーザーと広告主のニーズを満たすうえで重要です。
  • ページのパフォーマンス:ページあたりの広告数が少なければ、ページの読み込みも速くなります。広告では、「呼び出し」によって広告の表示と機能に必要なあらゆる要素が読み込まれます。たとえば、あるページに広告が7つあり、各広告に20の呼び出しがあるとします(これは控えめな見積もりです)。この場合、140もの呼び出しの読み込みが必要になります。この広告数を5つに減らすと、呼び出しは100になります。理屈の上では大した違いには見えませんが、これでもページのパフォーマンスは著しく改善されるのです。

今回の目標達成までの道のり

2017年の初め、私たちは、サイトの主な要素をいくつか変更すれば、広告主にとってより魅力があり、ユーザーにとってもウェブサイトのパフォーマンスが改善される広告体験にできると考えました。その内容は主に次の2点です。

  • ページと記事のヘッダーのデザイン改変:2011年から使い続けているヘッダー領域のデザインを改変することで、小さいながらも、サイトの外観を一新するかなり著しい変更にすることができました。
  • 注目動画:新しい「注目動画」は、Wikiの現代化における最も重要な要素です。動画コンテンツをますます求めるようになったウェブ閲覧者に最新のデジタル体験を提供できるほか(2020年までに、インターネット・トラフィックの80%を動画が占めることになると予測されています)、動画の前に再生する広告への需要が非常に高まっていることから、サイト上から多数の広告を排除することを可能にします。

動画はスタッフページとすべてのWikiにてFANDOMの優先事項となっています。注目動画は、ファンの皆さんにたくさんのメリットをもたらし、皆さんが作るWikiのすばらしいコンテンツをさらに引き立てることになるでしょう。このプログラムはまだ始まったばかりですが、視聴者の共感を呼び、Wikiでの交流を活性化させるような質の高い動画コンテンツの発展につながるサービスとすべく努めています。どうぞご期待ください。

最後に

今回、この新しいレイアウトをサイトに導入できたことを嬉しく思いますが、Wikiの現代化と事業の目標を達成しつつ、ファンの皆さんにもご満足いただけるよう、FANDOMのWikiにとってベストな広告レイアウトとはどのようなものであるか、今後も検討を続けていきます。

FANDOM上の広告についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

本ブログは英語版のWiki Modernization: New Ad Layout is Now Liveを翻訳したものです
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。