Fandom


皆さま、明けましておめでとうございます。本年もFandomをよろしくお願いいたします。

編集者の皆さまは既にご存じだと思いますが――Fandomの今日の発展がありますのは、皆さまにご愛顧いただき、また日頃編集に携わっていただいているおかげです。私たちは皆さまのお力添えを重々承知しておりましたが、そのことに対する感謝を十分に示せていなかったと感じています。そこで、2020年以降は、この現状を変えていくつもりです!

世界中の編集者の皆さまの貢献に、謝礼をお贈りしていきたいと思い、2019年、私たちは「エディター・リワード」を試行しました。(詳細は英語版のブログをご覧ください。) この試行から、どの地域にお住まいのユーザーに、どのような謝礼をお贈りできるかが分かりました。

また、日本語を含むIVT言語のユーザーの方々には、合計で34名の編集者の皆さまに、Wikiへの多大なる編集のお礼として、「エディター・リワード」の申し出を行いました。2020年以降は、このリワードにより重きを置いていきたいと考えております。

今後進めていきたいと考えていることの概略は以下の通りです。

  1. 日本語コミュニティで特に編集数の多いユーザーの皆さまを、連載ブログにてご紹介し、感謝をお伝えしてまいります。
  2. すばらしい編集を他のユーザーの方々にも広めたり、応援したりしてまいります。そのために、皆さまにも、ぜひ、2019年のご自身の編集について、編集に携わっているWikiへのリンクを添えて、このブログのコメント欄にてご紹介いただきたいのです。今年のブログにて、コメントをいただいた皆さまの編集されているWikiを紹介してまいります。
  3. 編集者の皆さまの情熱に対するリワードを、さらに行っていけたらと考えております。

さっそく、日本語コミュニティでの2019年の統計について発表いたします!

まず、2019年、Fandomの全日本語コミュニティで最も多くの編集をされた5名のユーザーの方々をご紹介します。

5名の方々の編集回数を合わせると、21,698回になります。ぜひ、こちらの方々のメインWikiも訪ねてみてください。

2019年の、日本語コミュニティでの編集回数上位200名のユーザーの皆さまの編集回数を合わせると、74,168回になります。 また、この200名のユーザーの皆さまが最も活動されていたのは1月で、8,656回の編集が行われました。

編集回数上位5名の方々以外の編集も、もちろんFandomにとって重要なものとして捉えており、皆さまの全ての編集を統計させていただいております。Fandomをご利用くださっている全ての皆さまに、2019年の多大なる貢献に感謝を申し上げるとともに、2020年のさらなるご活躍を願っております。

この記事はMtaÄが執筆し、日本語IVTメンバーが翻訳したものです。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。