Laclale Laclale 2018年9月4日 (火)
1

君の知らない海外の擬人化アニメ

※FANDOMストーリー案です、微妙に更新しました

はいどうもOSC日本支部からお届けします、ラクレールです。さて何度も反応が無かったという事はBFDI・・・さしてはオブジェクトショー(Object Show)を知らないんでしょうね。

というわけで私なりにオブジェクトショーやBFDIを説明しようと思います。


  • 1 史上初のオブジェクトショー、実はFlash製!
    • 1.1 手足と顔の画風
    • 1.2 で、冒頭の画像はなんのために?
  • 2 Aviutlで創られるオブジェクトショーとは

史上初のオブジェクトショー、BFDIはなんとFlashで作られています。この傾向はBFBに至るまで続けられており、現在はBFDIとBFDIAの.flaファイルを配布中!です。

このBFDIにも前身となる作品があります。そしてそれも含めたBFDI史上初のキャラクター、それは・・・Firey!


BFDIで使われた部品は全て.fla及び第三者コンバートによるPNGで配布されています。Flash系はベクターで手足と顔を作れるし、パワーポイント製オブジェクトショーがあるのはそういう所から来ています。

それに対してBFBはオールハンドライト、FRENZ(Flashから始まったオフラインの映像イベント)2018で初公開したシリーズはAviutlのスクリプトと最近はバラエティが増えています。


さっき『FRENZ2018で初公開した』と言及したシリーズに登場するキャラクターの集合写真・・・ごめんなさい、そのシリーズと集合写真、どっちも私が作りました。


『オブジェクト・クロスロード』、これが私の作っているシリーズの名前です。どこかクロスオーバーで、でも実はそうじゃないという感じの学園もの+αです。Wikiロゴがこれなのは、技術面の解説もしていこうと思うからで…






投稿の全文を読む
Laclale Laclale 2018年6月12日 (火)
0

セキュリティ大丈夫?

実際のスクショです

投稿の全文を読む
Laclale Laclale 2018年6月6日 (水)
0

江戸言葉の分かる人いますか

(9Kさんの記事)

日本語版BFDIではFries=江戸言葉…のようなイメージがあって、翻訳時にそのような口調で喋らせたいのですが、ゼロの関西弁の印象の強さがあって訳すときに困ります。しかも、ネット上には江戸言葉の情報が少なく、訳すのに時間がかかります。

江戸言葉の分かるwikiもしくは標準語と江戸言葉の相互で構いません!ヘルプ9Kなのですっ!

投稿の全文を読む
Laclale Laclale 2018年3月31日 (土)
0

聞こえますか・・・ベンです・・・

今、OCR & Aviutl WikiのLuaに対する項目の翻訳と日本語版BFDIWikiの記事作成を手伝ってくれる方を探しています。

エイプリルフールではありません。本当に人手が足りなくて困っています。

それでも疑っている皆さんはコメント欄でそう言ってください。

投稿の全文を読む
Laclale Laclale 2018年3月15日 (木)
1

Lua標準ライブラリの翻訳

今自分のWikiでLua標準ライブラリ(Wikiaヘルプで英語だけだった物)の記事をAviUtlスクリプトWikiでの記述を引用しながら翻訳しています。


  • 1 改造されたファンクション
  • 2 制限されたファンクション
  • 3 封印されたファンクション
  • 4 これを翻訳していないのがMediaWiki日本勢

setfenv()
getfenv()
Lua5.2で削除された旨を追記。
getmetatable()
テーブル型以外の値にメタテーブルを設定するにはC言語側で処理する必要がありますが、セキュリティー上それができません。
tostring()
ポインターアドレスが無効化されたらしい。
pairs()
ipairs()
Lua5.2でメタテーブルの上書きが追加され、それを使用可能に。
pcall()
xpcall()
エラーコード無効化。
require()
Module名前空間用に改造されています。

  • package.*

注釈記入済

package.loaded
package.preload
package.loaders
これらは全てModule名前空間用に改造されています。
  • os.*

注釈記入済

  • debug.*

注釈記入済


collectgarbage()
module()
coroutine.*
用途不明として処理されました。
dofile()
loadfile()
io.*, file.*
Module名前空間用に別の関数を用意したため、そちらをご利用ください。(意訳)
load()
loadstring()
These were omitted to allow for static analysis of the Lua source code. Also, allowing these would allow Lua code to be added …




投稿の全文を読む

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。