Fandom

  • Kuro0222

    ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品「ファンタスティック・ビーストシリーズ」シリーズでは沢山の動物が登場しますよね?そんなファンタスティックなビーストに関する情報がハリー・ポッター Wikiにてファン達により追加されています!

    この記事ではその一部を紹介しますが、動物の詳細に興味のある人は是非ハリー・ポッターWikiを読んでみてください!




    ニフラーは、突き出た鼻とふわふわした黒い体毛が特徴の生物である。ニフラーは輝くものに惹きつけられる性癖があるため、宝物を探すのにもってこいだが、室内で飼ったり放し飼いにすると大混乱を引き起こす恐れがある。ただ、一般的に無害である。

    ホグワーツ魔法魔術学校では、第3学年の選択科目である魔法生物飼育学の授業にて二フラーについて学ぶ。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「ニフラーのページ」を参照




    オカミーは、最大体長15mほどの二つの飾り翼をもつ、二本脚の生物であり、蛇に似た魔法生物である。ネズミと鳥を主に餌にしているが、サルをさらうこともある。近づくものすべてのものに対して攻撃的である。卵は純銀で出来ており、密猟者たちにとって格好の獲物にされている。

    オカミーは、周りのスペースに合わせて自由に体を拡大縮小することができる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「オカミーのページ」を参照




    スウーピング・イーヴルは青と緑の翼を持つ魔法生物である。ヘビと巨大なチョウの中間のような外見をしている。空を飛ばない時はトゲがついた翼を丸め、緑色の繭のような状態になる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「スウーピング・イーヴルのページ」を参照




    ボウトラックルは昆虫を食べる手のひら大の生き物で、主に杖に使われる樹木に生息する。鋭くて長い指と茶色の目を持ち、見かけは樹 ……













    全文を読む >
  • Kuro0222
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。

    夏は終わりましたが、暑い日が続きますね。
    食欲の秋が嬉しい、FANDOMスタッフのKuro0222です。

    今年も東京ゲームショウに行ってきました!

    色々ブログで情報をまとめています。興味がある方は↓の画像リンクから飛んで記事を是非読んでみてください。

    質問やコメントをする場合はページしたのコメント欄からお願いします!


    東京ゲームショウ(略称:TGS)とは、E3やGamescomと並ぶ世界三大ゲームショウのひとつであり、その名の通りに東京(正確には千葉だが)で行われるコンピューターエンタテイメントの日本最大規模の総合展示会でです。

    主催はコンピュータエンターテインメント協会(CESA)である。近年では従来の大手ゲームメーカーや情報誌だけでなく、インディーゲーム企業やVRゲームゲームなど国内外問わず広い幅のゲームメーカーが参加するまさに「世界のゲームの総合展示会」となっている。

    2017年の開催で21回目の開催となる。


    • PUBG50人大会に参加してきました!【TGS 2017】
    • 東京ゲームショウで優先的に回りたい場【TGS 2017】
    • TGSで発表された注目のゲームのまとめ!【TGS 2017】
    • TGSで知ったオススメのインディーゲーム集!【TGS 2017】
    • TGSに見るeSportsの未来【TGS 2017】
    • TGSで見たクオリティの高いコスプレまとめ【TGS 2017】
    全文を読む >
  • Kuro0222
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。

    夏も終り、涼しくなりましたね。
    冬の新作ゲームラッシュが楽しみでならない、FANDOMスタッフのKuro0222です。

    いつもFANDOMをご利用頂きまして、誠にありがとうございます!

    さて、今回はWikiのアドミン(管理者)を行っている方々にWikiデザインとそのソースコードの紹介を行いたいと思います。

    できるだけ詳しく記載するつもりですが、不明な点や分からない点がある場合はコメント欄から質問を受け付けていますので、よろしくお願いします!


    ご紹介するのは「左サイドバー」です。日本のWikiで多く使用されている縦長のサイドバーを再現したものになります。


    やり方は何通りもあるのですが、今回はフォーオナーWikiで使われているソースコードをもとに紹介したいと思います。


    フォーオナーで使用されている左サイドバーを簡易化したものが、以下となります。 コピペして使用する際はソースエディターを使用してくださいね!ビジュアルエディターでは残念ながら使用できません。(ソースエディタに関するヘルプページはこちら)


    このコードを項目の中に入れ込むことでサブヘッダーを設定できます。(やっていることは太文字に設定し、フォントのサイズを上げているだけですが)

    • font-size:14px - フォントサイズを設定できます。

    今後もアドミン(管理者)の皆様にWikiがより楽しく、便利になる情報をお届けしていきます。

    自分のWikiのコードを紹介したい!もしくはこんなコードが知りたい!などのコメントがあればページ下のコメント欄に記載してください。

    また、質問等もコメント欄、もしくはサポートメールにて受け付けています。

    全文を読む >
  • Kuro0222

    Fandomから新年のご挨拶

    2017年1月4日(Kuro0222さん)
    このブログはFandomスタッフのKuro0222により投稿されました。
                           

    2017年は酉年です。
    鳥のキャラクターといえば、やはりロードランナーですね!ミンミン!

        

    新年あけましておめでとうございます!
    FandomスタッフのKuro0222です。

    いつもFandomをご利用頂きまして、誠にありがとうございます!

    ユーザーの皆様は年末をいかがお過ごしでしたでしょうか?
    私は画像のロードランナーのように忙しい年越し…という訳ではなく、まったりと過ごしました。

    新年を迎え、スタッフ一同は今年もFandomユーザーの皆様とのコミュンケーションやサポートを充実させていく所存ですので、よろしくお願いします!

    また、コミュニティ・ディベロップメント・チームは今年から新規体制となりました。 なので、新年の挨拶を含めチームメンバーの自己紹介をさせて頂きます。


    こんにちは!初めまして!FandomスタッフのKuro0222と申します! 
    私は基本的にはコミュニティ・セントラルのフォーラムやLiveチャットを巡回しています。
    ユーザーの皆様と話をするのが仕事の楽しみで、Fandomに関する話や編集に関する質問、雑談など何でも聞いて頂ければ喜びます!見かけたら是非、お声がけください!

    趣味はゲームとアニメで、特にゲームはニーアオートマタWikiなども作ったりしています。

    今年も宜しくお願い致します!

    はじめまして、FandomスタッフのCurly hair44です。
    2017年よりコミュニティ・デベロップメントにやって参りました、新入りです。
    勢いのある日本映画、ドラマの影で、元気を無くしがちな愛する海外映画やドラマのwikiをみなさんと一緒に盛り上げていけたらと思います ……













    全文を読む >
  • Kuro0222

    Fandomの価値: コミュニティ

    2016年12月14日(Kuro0222さん)
    今回は、Fandom powered by Wikiaコミュニティ担当副社長のジェン・バートン(2011年入社)が事業開発担当上級副社長のウィリアム・シュルツェ(2012年入社)とともに投稿をお届けします。

    大規模ウェブサイトの多くは、プロダクトやサービスを中心に構築されています。たとえば、Googleはあらゆる情報を検索するためのサービス、FacebookやTwitterは自分自身を表現するためのプラットフォーム、というように、これが大半のウェブサイトの典型的な形です。しかし、Fandomはこれとは一線を画しています。Fandomは単一のプロダクトやサービスよりもずっと幅広いもので、皆がそれぞれの熱意や知識を持ち寄ってより大きなものを作り上げる場所です。このように、熱心なファン、知識の豊富なファン、筋金入りのファンをお支えするという光栄に恵まれている私たちにとって、Fandomの価値をコミュニティ抜きに語ることはできません。

    コミュニティは、Fandomの価値とそのあらゆる営みの中心にあります。私たちは常に、コミュニティのニーズと事業ニーズのバランスを保つように努めるとともに、「コミュニティ・コネクト(Community Connect)」イベントの規模を拡大させてコミュニティ ・メンバーとつながる機会を増やせるようにするなど、コラボレーションのための新しい手段も模索し続けています。このような価値観を軸に据えることで、私たちのプロダクトは、それを中心にサイトが展開するというよりも、世界中のユーザーがコンテンツを作成できる編集・公開ツールへと発展しました。そして、このツールで作成されたコンテンツが、より大きなコミュニティを形作っているのです。しかし、ここで投稿者と読者を結び ……

    全文を読む >
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。