FANDOM


ダーウィンプロジェクトの最初のステージとなった流動的レイアウトの使用が可能となりました。 全てのウィキアコミュニティーは流動的レイアウトとして設定されております。ここ数ヶ月の間 ご連絡させていただきました が、流動的レイアウトは異なったディスプレイサイズに最適なようになっています。もし大きなモニターを使用される場合、全体のサイズから記事のスペースが大きくなります。タブレットでは、スクリーンのサイズが小さくなりますので、記事のコンテンツをメインに表示されます。 皆様からのご意見・ご感想によってこのような成功を収めることができました。 流動的レイアウトについてのたくさんの質問や提案もいただき、またいくつかの画像のタイプはどのように設置されるのかという質問も受けました。このような議論はテーマデザイナーに追加の設定をすることにとても役にたちました。また、タブレット表示で右側モジュームが下へ移行することに関してもご意見があったからこそ改良することができました。ご意見・ご感想をこちらにお寄せいただきました皆様、本当にありがとうございました。

流動的レイアウト

次のダーウィンプロジェクトは?

流動的レイアウトに関する変更は今後も行われます。最新モデル(はめ込み型ポップアップウィンドウ)を新しいデザインと共に更新いたします。英語版になりますが過去にデザイン "グリッド" のデザインについてグリッドレイアウト にてお知らせいたしました。近々ウィキアスペシャルページである (ビデオ検索など)を更新し、ウィキアビデオメインページでご覧いただいている( カテゴリー表示など)の機能である新しい"流動的グリッド"を利用します。 新しいビジュアル編集をどのコミュニティーでも使用可能となっております。来年には更に進化したものをお届けするつもりです。プロジェクト・ダーウィンは2014も引き続き更新しますのでご意見・ご感想を引き続きお願いします。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。