FANDOM


以前のブログエントリ『テンプレートとは?』では、ウィキアで使われている「テンプレート」というものがどんな概念でありどんな便利なものなのかを簡単に紹介してみました。

初めのうちは、テンプレートを使いこなすにはある程度の慣れが必要になってきます。とくに、複雑なテンプレートはソフトウェアのプログラミングそのものになってゆき、かなり技術的な傾向が強くなってきます。

そこで、かけだしの初心者にオススメで、しかもウィキアならではのもっと簡単なテンプレートの使い方を紹介したいと思います。

これを読めば、テンプレートがいかに便利なものか、ますますわかってくると思います。

すべてのウィキアから呼び出すことができる便利なテンプレート

ウィキアには、ならではの機能として、共有テンプレート (Shared Template) という便利で特殊なテンプレートがあります。このテンプレートは、普通のテンプレートとは異なり、Community Central英語版上であらかじめ作成しておけば、他のすべてのウィキアコミュニティ上から呼び出して使うことができます

普通のテンプレートは、あるウィキアコミュニティにあるものであれば、そのウィキアコミュニティ上でしか使うことができず、自分が使用しているウィキアコミュニティで使用するには、テンプレートをコピーする必要があります。


この共有テンプレートでは、そのようなコピーの必要がなく、そのまま呼び出して使う事ができます。

呼び出すには、例えば共有テンプレートが http://community.wikia.com/wiki/Template:共有テンプレート名 にある場合、他のウィキアコミュニティ上にあるページからは、{{w:共有テンプレート名}}と記述するだけです。これだけでテンプレートをコピーする必要なく呼び出すことができます。

この共有テンプレートは、自分のプロフィールページ (利用者ページ) で自己紹介をするときなどにかなり有用です。自己紹介用の共有テンプレートの作り方を次のセクションで説明します。

プロフィールページ用の共有テンプレートを作成する方法

自己紹介などに利用するプロフィールページ用の共有テンプレートを作成すると、新しいウィキアコミュニティで編集などを始める度に毎回プロフィールページでコピー&ペーストする手間が省けます。私の場合は、w:Template:User:Gurgateという共有テンプレートを作成しています。このテンプレートを、新しいウィキアコミュニティの自分のプロフィールページUser:Gurgateに{{w:User:Gurgate}}と入力するだけで、何度も再利用することができます。

  1. 作成するには、まず英語版Community Centralにアクセスします。
  2. 新しいテンプレート名を「Template:User:自分のユーザーアカウント名」という形で作成します。
  3. 例として、私のユーザーページテンプレートの場合は、URLは http:/community.wikia.com/wiki/Template:User:Gurgate となります。
  4. テンプレートを作成するときは、他のユーザー名と名前が被らないように自分のユーザーアカウント名にしましょう。
  5. 実際にテンプレートを編集します。そこで自分の趣味や興味、よく編集しているウィキア、よく閲覧しているコミュニティ、得意分野、自分のやりたいこと、バベル (語学力) など記述してみるといいでしょう。
  6. 編集が終わったら、保存する前に最後に<noinclude>{{userpage template}}</noinclude>という記述を忘れないようにしてください。これを追加することによって、そのテンプレートが他のウィキアコミュニティ全体で使うインターウィキテンプレート (w:Category:Interwiki templates) かつユーザーページテンプレート (w:Category:User page templates) であることを示すカテゴリに所属していることが他のユーザーにも一目でわかるのと同時に、w:Special:UnusedTemplates (使われていないテンプレート一覧) に誤って表示されるのを意図的に防ぐことができます。
  7. 次にこのテンプレートを保存します。

他のウィキアコミュニティの自分のプロフィールページからテンプレートを呼び出す

テンプレートの編集が終わったら、早速この共有テンプレートを他のウィキアコミュニティの自分のプロフィールページで使用してみましょう。

自分のプロフィールページに{{w:User:自分のユーザーアカウント名}}と記述するだけで一瞬で自己紹介が完了します。あとは、ユーザーページテンプレートとは別にそのコミュニティ固有の情報、たとえばどんな記事を編集してみたいか、そのコミュニティについて詳しいことや興味があることなどを紹介してみるとよいでしょう。

いかがですか? 非常に簡単ですね。

この共有テンプレートを使わない場合に自己紹介の内容を更新したい場合には、複数のウィキアコミュニティにあるプロフィールページを毎回修正するのは大変ですが、共有テンプレートを使えば、一瞬で終わります。自分がよく使用するウィキアコミュニティが20件もある場合、自分のプロフィールページを毎回更新20ページ分するのは大変ですよね。これによって、同じ作業20回分がたった1回で完了します

注意事項

  • 間違えて、あるいは意図的に他のユーザーページテンプレートを自分のプロフィールページへと呼び出さないようにしましょう。他の人が誤解してしまうだけでなく、そのユーザーが気がついてしまえば自分がなりすましをされていると思われてしまうので、自分のユーザーページ用のテンプレートは、自分で作成しましょう。他のユーザーページテンプレートを参考にしてみるのはもちろん構いません。
  • 作成した共有テンプレートを呼び出すときは、通常のテンプレートとは違い、そのテンプレート名の先頭は例外的に必ず大文字にしなければ呼び出せないことに注意してください。たとえば、{{w:User:Gurgate}}を{{w:user:Gurgate}}と記述しても呼び出すことができずエラーメッセージが表示されてしまいます。
  • 共有テンプレート内で別の共有テンプレートを呼び出すときも、{{w:のように先頭に w: をつけるのを忘れないようにしてください。さもないと、他のウィキアコミュニティでは、そのコミュニティにある同名の別のテンプレートが呼び出されるか、そこだけテンプレートが存在しないことになり、赤リンクになってしまいます。例えば、日本語が母国語であることを示すバベルテンプレートw:Template:User jaをユーザーページテンプレートに記述するには、{{User ja}}ではなく、{{w:User ja}}と記述する必要があります。
  • その他の注意事項はHelp:共有テンプレートをご覧ください。

おわりに

今回は、共有テンプレートという、ウィキペディアでもあまり見られないような面白くてかつ便利な活用ができる共有テンプレートの例としてユーザーページテンプレートの作り方を紹介してみました。 複数のウィキアコミュニティで自己紹介をすることによって、他のユーザーとのコミュニケーションが取りやすくなりますし、ウィキアでどんな活動をしたいか、何が得意かをアピールすることもできます。是非とも活用してみてください。

また、他のユーザーの方々のユーザーページテンプレートのソースコードを閲覧すれば、さらにちょっとした小技や面白いテクニックを修得することもできます。ただし、当然ですが他の人のユーザーページテンプレートをただコピーしただけで終わらせてウィキア上の他のユーザーになりすまして他の人が誤解するような真似はやめましょう。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。