Fandom


この記事はウィキアが初めてな人向けに書かれています

前回の記事『【画像】ウィキアの画像アップロードはウィキペディアよりも自由?』ではウィキアでは画像をどう扱っているかを軽く説明しました。

今回の記事では実際に画像をアップロードする方法を説明します。

実に簡単な方法です。

記事を書いている最中に思いつきでアドホックに記事に画像を挟む感覚で画像をアップロードできます。


画像をアップロードする方法は何通りかありますが、

今回は記事編集中に画像を手早くアップロードする簡単な方法を説明します。

ですが、画像をアップロードする前にまず、ログインしてください

ログインしないと画像のアップロードもできません。 まだアカウントを持っていなければ、アカウントを作成してからログインしてください。


記事を投稿中に画像をアップロードする

編集画面右の画像追加ボタン
記事編集中に画像をアップロードして追加するには、

編集画面で記事中に画像を表示したい場所にカーソルを移動させてから、

右のような編集画面右にある「機能とメディアを追加」タブをクリックします。すると「画像」ボタンが現れますのでそれをクリックします。


記事編集中の画像アップロード画面

記事編集中の画像アップロード画面

右のような画像アップロードウィンドウが現れてから「ファイルを選択」ボタンを押してアップロードした画像を選択します。それからその右の「アップロード」ボタンを押すとその時点で画像がウィキアのサーバにアップロードされます。


Upload Photo

「Upload Photo」ウィンドウ

「Upload Photo」という画面で画像にキャプション (説明) を加えたり、右寄せ表示 (right 指定) にしたりサムネイル表示 (thumb 指定) をすることができますが今回は何も設定せず「追加する」ボタンを押します。


すると下記のように編集画面に表示されます。「ファイル:」に続いてアップロードしたファイル名が記述されます。デフォルトでは「サムネイル」が指定されているので「thumb」というキーワードも追加されいます。

自動的に貼り付けられた画像ウィキマークアップ

次のような文字列になっています。

[[ファイル:編集画面右の画像追加ボタン.png|thumb]]


この状態で記事を保存すると次のように右側にサムネイル画像として表示されます。サムネイルですので、画像をクリックすると実寸大の画像が表示されます。

編集画面右の画像追加ボタン

簡単ですね。


簡単ですが、画像をアップロードする前には著作権には気をつけてください。

ですが外部から画像を持ち込むときは、Google画像検索で見つかるものを使えば著作権の問題はほぼ気にする必要がなくアップロードできます。

ただし、パブリックドメインで著作権が破棄された画像でもない限り、もともと著作権がある画像をアップロードしたからといって、そのアップロードされた画像の著作権が自動的に消えるということはありません。もとの画像の著作権やライセンスを確認して下さい。


画像の情報ページ

画像をアップロード後に、後からファイルに引用元、著作権情報、ライセンス情報を加えたり カテゴリに加えることもできます。


例えば上の例ではファイル:編集画面右の画像追加ボタン.pngというファイルがあります。


このファイルページを閲覧すると、普通の記事の編集と同じようにこのファイルに情報を加えることができます


Category:著作権テンプレートには画像などのファイルページに著作権情報を簡単に表示できる便利なテンプレートが用意されています。


さきほどのフェアユースに関しては、{{Fairuse}}というテンプレートを画像の情報ページに貼り付けることによって、


「フェアユースの法理」が通るものであれば、

今のところ日本のサーバへのアップロードが基本的に認められていない

ファイルのアップロードも問題なくできます。


他のウィキアでも同様のテンプレートが用意されていることがあります。


他のアップロード方法は?

他の方法でアップロードする方法を知りたいですか?

それも簡単な方法です。 それは次の記事『【画像アップロード】昔ながらのスタンダードな方法』で解説しています。

複数の画像をまとめて簡単にアップロードしたいですか? そのことをも次の記事で解説します。

ある外国語版ウィキアの翻訳をするときに その外国語版ウィキアにある膨大な画像をダウンロードしてアップロードし直す 単調な作業にうんざりしていますか?

その解決方法も、(そのウィキアのコミュニティまたは管理者らの同意が必要ですが) 後に説明します。

さらにアップロードした画像の表示方法の調節やギャラリー機能についても説明します。

自分で調べられる方やある程度ウィキアに慣れている方は、

このブログを飛ばして右上の「検索ボックス」を使ってこれらの方法を調べることができます。 英語に強い方ならば、英語版 Community Centralで調べることもできます。


現在、コミュニティセントラル日本語版にある記事は

人手不足のために情報が古いものが多く、英語版の更新に追いついていない状態です。


そのため英語版記事を調べたほうが目的とする情報を素早く見つけられる可能性があります。


もちろん、我こそはと思う方は自由に英語版 Community Central の記事を翻訳したり

既存のコミュニティセントラル日本語版の古い記事の更新することもできます。

MediaWiki対応の Wiki を使ったことがある、他のウィキアで散々ウィキアの仕組みを熟知したことがある方ならば、 このコミュニティセントラルにもっと有用な記事を載せることができるかもしれません。


そこのあなたも翻訳や記事の更新にチャレンジしてみませんか?


関連

こちらの情報もご覧ください

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。