Fandom


ウィキアンの皆さん、こんにちは!

少し前に、ウィキアは進化していくため、また近代的プラットフォームを維持していくため、そしてこの業界の利用者の期待に応えるため、プロダクトに関する決断を下していかなければならない、というブログを書かせていただいたかと思います。(まだご覧いただいていない方は、よろしければこちらからご覧ください!)今日は、その進化に関わるもう一つの大きなステップをご紹介したいと思います。それは、今後ウィキア上で使っていくインフォボックスについてです。インフォボックスは、記事やプラットフォーム全体を考えると小さなものに思われるかもしれませんが、これからご紹介する通り、ウィキアにとって非常に重要な部分です。そしてこのインフォボックスの作り方に関して、とても大きく、重要な変更事項があります。

インフォボックスは、ウィキア上のありとあらゆるところに現れます。そして大きなトラフィックがあるところにインフォボックスがあるといっても過言ではありません。各コミュニティ内で少なくても一つはインフォボックスがあるというページは、全体の約60%を占めます。そしてそれには大きな理由があります。インフォボックスは、シンプルで、パワフルで、コミュニティのコンテンツを上手く要約してくれる、ということです。

ではモバイルにとってインフォボックスが大切なのはどうしてでしょう?それはこちらをご覧ください。

ウィキアにとってだけでなく、ウェブ全体において、今後の未来を左右するのはモバイルです。今後の流行と成長に関する予測をこちらからご覧ください。

ここでインフォボックスが特別となるのは、「ウィキアにとって必要不可欠だから」という理由だけでなく、インフォボックスで使用されるウィキテキストやスタイリングが、デスクトップやノートパソコン以外の端末向けにはあまりうまく変換されないためです。 長い間、ウィキアでは回避策を使ってきましたが、今まさに持続していける本物の解決策が必要な時が来たのです。

ウィキアのトラフィックは変化してきています。そして、インフォボックスにも変化が必要なのです。

この新しいインフォボックスを「ポータブル・インフォボックス」と名付けました。「ポータブル」と呼ぶのは、このマークアップが、どんなサイズの端末の表示にも対応できるようにできている、というところからです。そして、シンプルで、機能的で、以前のマークアップではできなかったようなことができるようになっています。例えば、列に何も入力されていないときに、その列を自動で隠すためのコードは必要なくなり、画像は自動的に正しいサイズとなります。また、一定のタグを使ってカスタムのクラスを加えていただくことも可能にしてあります。デザインも、現在のインフォボックスに似ていますが、主要な変化は裏側で自動的に行われるようになっています。

この新しい「ポータブル・インフォボックス」への移行ができるだけスムーズに行われるよう、現在のインフォボックスからポータブル・インフォボックスへの変換をお手伝いするための移行ツールを開発しました。まずインフォボックスのテンプレートページへ行き、右レールをご覧ください。また、ご自分のコミュニティで特別:Insightsをご覧いただくと、変換が必要なインフォボックスのテンプレートを簡単に見つけていただくことができます。

こちらに関してのご不明な点、リクエストを随時お受けしております。こちらのコメント、または特別:Contactよりいつでもお問い合わせください。

ウィキアはファンの皆さんによって作られ、ファンの皆さんが集まる場所です。このようなステップ一つ一つが、様々なトピックのファンの皆さんがウィキアの中心として活動をするために、重要なものだと信じています。これにより、素晴らしいコンテンツが誰にでも、どんな端末からも見られるようになります。そして、この大きなステップをすでにお手伝いいただいているコミュニティの皆さんに、改めて感謝申し上げます!

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。