Fandom


ヘルプ

Fandomは、良質な広告のみ提供するようにしたいと考えており、その実現のため、以下のような「悪質な広告」を報告するシステムを用意しています。

悪質な広告には以下のようなものがあります(ただし、これらが無いからといって、悪質ではないとは限りません)。

  • そのWikiにとって不適切な広告(例: 未成年を対象とするWikiに表示されるデートサービスの広告)
  • ゲーム関連Wikiに表示される、不正なプログラムやチート行為に関する広告
  • 速いテンポで連続的に動く、明るい色がチカチカと点滅する、あるいはそれ以外の方法で感覚を混乱させるなどして、埋め込まれている記事を読みにくくする広告
  • 破損した広告 - たとえば、大きさが不適切だったりコンテンツに重なって表示されたりする広告
  • 自動再生広告 - 読み込み完了時に自動的に音声を再生する広告。Fandomの一部の動画広告は自動で再生されますが、ミュートになっているはずです
  • 不正なソフトウェア - 不正なプログラムをコンピュータにダウンロードしたり、実行しようとしたりする広告。Fandomには、厳格な広告ポリシーがあるため、このような広告が表示されることは極めて稀ですが、悪意のある個人がこのような防御態勢を潜り抜けることがあります。Fandomでは、不正なソフトウェアに関する報告を、たいへん深刻な問題として扱います。
  • Fandomのコンテンツに覆いかぶさる広告

広告の除去リクエストはケース・バイ・ケースで検討されます。報告はすべて受け付けますが、すべての広告が除去されるわけではありませんのでご了承ください。

悪質な広告を報告する方法 編集

どのような場合でも、悪質な広告を通報する際には、些細な情報であっても一緒に添えていただけると、まったく情報がないよりもはるかに対処しやすくなります。下記の手順を行う際には、報告する広告が消えないよう、新しいタブまたはウィンドウで報告フォームを開いてください。

悪質な広告を報告する際には、特別:Contact/bad-adをご利用ください。

以下の情報をできるだけ詳しくお知らせいただかないと、Fandomが問題の広告に対処できないことがあることにご注意ください。

  1. どのWikiのどのページに悪質な広告が表示されたか
  2. その広告がどのようなものであるか、また、その広告のどこが問題なのかについての簡単な説明
  3. お住まいの国と都市(詳しい住所は送信しないでください)
  4. ページのHTML内に含まれる広告のコード(手順については下記を参照)
  5. 広告のスクリーンショット

ページのHTMLで広告タグを見つける方法 編集

Inspect Element

右クリックメニューにハイライト表示された「要素を検証」

ページ上のどの広告も、そのページのHTMLコード内の広告タグを介して表示されます。広告タグのコードは、悪質な広告を特定するうえで非常に役立つ情報です。悪質な広告を報告する際は、この情報も添えていただけるとたいへん助かります。広告タグを見つける方法は、次のとおりです。

  1. 広告を右クリックして「要素を検証」を選択します(Flash広告の場合は、広告のすぐ外側をクリックするとこの項目が表示されます)
  2. ブラウザ内のページの下または横にパネルが開き、この中にウェブページ全体のHTMLが表示されます。そこで、コードの行がハイライトされているはずです。
    • 標準的な広告の場合、ハイライト表示された行の周囲から、"<!-- BEGIN SLOTNAME:"というコメントが前に置かれた、<div id="wikia_gpt/ ...>から始まる<div>タグを探します。動画広告の場合 "video" を含む文字列を探します
    • 折りたたまれている場合は、三角形のアイコンをクリックして内容を展開します
    • 見つけたタグが正しいかどうかわからない場合は、パネル内のタグにカーソルを合わせると、ウェブページ上の該当する要素がハイライト表示されます
    • <div>タグの内容をコピーします。内容が多くても心配はいりません。特に重要な情報は、標準的な広告であれば、data-gpt-line-item-idもしくはdata-gpt-creative-idの後に続く数字列、動画広告であれば、data-vast-line-item-idの後に続く数字列です
  3. 悪質な広告の報告フォームに、コピーしたコードを貼り付けます。コードのコピーがうまくいかない場合は、スクリーンショットを添付していただいても結構です

その他のヘルプとフィードバック 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。