Fandom


ヘルプ

リバート (Reverting) とは、ページを以前の状態に戻す機能の総称です。「差し戻し」とも呼ばれます。悪い編集を簡単にリバートしてそのページを前の状態に戻すことができるよう、ページのすべてのバージョンは、ページの履歴に保存されています。

詳しい手順 編集

ページの前の版にリバートする作業は誰でも行うことができるようになっています。

一つの編集のリバート 編集

JA-Undo

各編集の行の末尾にある「取り消し」(Undo) リンク

もしただひとつの編集を取り消したい場合には、以下のことをするだけで済みます:

  • ページの履歴にアクセスします。
  • 編集要約の隣に「取り消し」(Undo) のリンクがあります。これをクリックすると上部にふたつの間の編集の違いを表示した編集画面が開きます。
  • 編集の要約には何も入力せず、「公開」ボタンを押すと、編集の取り消しが行われます。

複数の編集のリバート 編集

これは複数の編集を元に戻す作業で、ページの特定の版にリバートすることができます。

  • ページの履歴にアクセスします。
  • リバートしたい旧バージョンの日付と時刻をクリックします。
  • そのページが表示されたとき、ページタイトルの下に「2014-02-28T00:20:35時点における」のように表示されます。
  • 選択したバージョンが正しいか確認してからクリックして通常通りにページを編集します。
  • 編集ボックスの上部で過去のリビジョンを編集しているという警告が表示されます。
  • 重要: 荒らしの場合は、複数の編集があるかもしれません。荒らしの編集の直前の版にリバートできるよう、どこからが荒らしの編集なのかをよくご確認ください。
  • 確認後、そのページが元の版になるよう保存します。編集の要約には、リバートした旨が分かるよう、「リバート」、「差し戻し」("rv" とも略されます) などと追記するようにしてください。コミュニティによっては、解説つきでリバートしたページのバージョンの日付/時刻をつけることが慣習になっている場合もあります。

その他 編集

  • 記事をリバートする際には、必ず理由を説明するようにしましょう。他の方がリバートされたバージョンを閲覧する必要があるかどうかにかかわらず、何が問題だったのかを説明することは大切です。もしリバートの理由を編集要約で説明するのが難しい場合には、そのページのトークページ (またはコメント欄にてそれを説明し、編集要約には、「トークページを参照」や「コメント欄を参照」などと追記してください。
  • ふたり以上の編集者がお互いの編集を何度も繰り返しリバートすることは、やめましょう。そのような行動が続くと、ページ履歴に不必要な編集がいくつも残り、価値が下がってしまいます。他の方もそのページを編集しにくくなってしまいます。最近の更新フォローされたページにも無駄な情報が増えてしまいます。もし誰かがあなたのリバートをさらに差し戻したときは、明らかな荒らしでない限り、もう一度リバートし直す前に、記事のトークページ (またはコメント欄)、そのユーザーのメッセージウォールで、話し合ってみましょう。まずは悪気がないこと前提として、そのユーザーの編集のどこが問題なのかを伝えてください。そうすれば多くの場合、通常どおり記事の編集を再開できるようになるはずです。

巻き戻しとは? 編集

JA-Rollback

編集履歴ページの「巻き戻し」リンク

アドミン(管理者)ロールバック権限をお持ちの方には、差分ページとユーザーの投稿一覧からページ履歴を閲覧して旧バージョンを開くというステップを踏まなくても、荒らしなどの編集をより素早くリバートできる「ロールバック」(rollback、巻き戻し) のリンクが表示されます。この機能は明らかな荒らしの場合などに特によく使用されます。

  • このリンクをクリックすると、荒らしユーザーが行った編集の前の状態に編集をリバートします。編集要約にはリバートが行われた旨が自動的に追加され、その編集は細部の編集 (minor) としてマークされます。
  • この機能は荒らしのリバートにのみ使用してください。 単に賛同できない編集の差し戻しには使用しないでください。
  • もしユーザーの投稿ページを読込中に「ロールバック」を押したり、すでにそのページを誰かが編集したりロールバックしていた場合、「巻き戻しに失敗しました」したというメッセージとその説明が表示されます。
  • もし、悪意のあるユーザーによってページが作成され、他の誰もそのページを編集していない場合にロールバックのリンクをクリックすると、「投稿者が一人しかいないため、編集を差し戻せません。」というメッセージが表示されます。この場合、そのページを削除したり、ページ名に合う内容に書き換えたりする必要があります。

荒らしのリバートを最近の更新から隠すことはできますか? 編集

無意味な編集 (とその損害を修復するリバート) を繰り返す荒らしのせいで、最近の更新ページが使用できなくなることがあります。このような場合、アドミンは「最近の更新」から荒らしによる編集を隠す選択ができます。この作業は、ユーザーの投稿記録へのアクセスに使用するURLの末尾に &bot=1 を追加してください。
例、http://community.wikia.com/index.php?title=Special:Contributions&target=SomePersistentVandal&bot=1。投稿記録一覧のロールバックのリンクをクリックすると、リバートと、リバート元の編集の両方とも、最近の更新表示から隠されます。

これは「最近の更新」ページで「ボットを表示」(show bots) リンクをクリック (hidebots=0 を設定) する場合を除き、非表示になることを意味します。これらの編集は投稿記録一覧、ページ履歴、フォローされたページからも非表示になります。これらの編集はデータベースに残り、削除はされませんが、最近の更新が無駄な編集で溢れてしまうことを防ぎます。この機能の目的は、荒らしによる不都合を比較的簡単な作業で減らすということです。気に入らない編集をリバートするためのものではありません。

関連情報 編集

その他のヘルプとフィードバック 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。