Fandom


ヘルプ

ボット (Bot) とはウィキア上で自動編集をするソフトウェアの一種です。人間のユーザーの編集を半自動化する補助もします。ボットは、一連のページを新しいカテゴリに移動する、曖昧さ回避ページへのリンク修正、スペルミスを検索して訂正するというような、多数のページの反復的な編集を短期間で行うのにもっともよく使われます。

ボットフラグ

ボットが実行中に数多くの編集をできるように、Botの編集は最近の更新 (Recent changes) の一覧を圧倒し、人間のユーザーによる編集を確認したり対応するまでにはなかなか至らなくなってしまいます。このため、各ウィキアのコミュニティで試験を受け承認されたボットに、ボットフラグを付与することができます。ボットフラグは、ボットの編集を「最近の更新」一覧で非表示にするようMediaWikiソフトウェアで設定されています。Botによる編集は「最近の更新」ヘッダにある「ボットを表示」(Show bots) をクリックすることでいつでも閲覧できます。

Showbots

アカウントにBotフラグをつけるには?

Botフラグは、自分が普段利用しているユーザーアカウントとは別の、Botアカウントに対して申請してください。Botアカウントについては、ヘルプ:AutoWikiBrowserの利用#ステップ 1: ボットアカウントを作成するをご覧ください。

Botフラグを受けるには、その申請をするためコミュニティチームのメンバーにご連絡ください。 リクエストされる際は、Botを利用しようとしているコミュニティで事前に承認を得てください。その後、Botアカウントと使用したいコミュニティのリンク、およびコミュニティでの話し合いで利用したフォーラムメッセージウォール等へのリンクを添えて、ご連絡ください。

特別:ユーザーグループ権限にリンクしているグローバル・ボットが5つあります。

重要

ウィキアのボットは、ウィキアのサーバに負荷をかけすぎないようにするため、制限された編集速度 (limited editing rate) で使用しなければなりません。ほとんどのボットの問題に関して、レート (速度) のスロットル (速度調整絞り弁) が組み込まれているため、この件については心配する必要はありません。しかし、もしあなたのBotが1秒間につき1編集を上回る速度で編集している場合、Botは減速します。


ボットアカウントのユーザープロフィールとトークページには次のようになっているべきです:

  • ボットアカウントであることを明確に識別できる
  • その所有者に質問するためのユーザートークページへのリンクがある
  • もしボットの自動編集がそのウィキアに損害を与える原因となっている場合に、管理者によってそのBotをブロックできるように促すこと──そのブロックは損害を与える編集の原因が理解され訂正された後で解除してもらうことができます。

Check Page

AutoWikiBrowser(AWB)は「チェックページ」と呼ばれるホワイトリストを利用します。Wikiaにこのページがローカル的に存在する場合(Project:AutoWikiBrowser/CheckPage<英語>の書式で)、ボットの利用者名(あるいはボットが利用する利用者名)は、wikiaで操作するためこのチェックページに載せる必要があります。チェックページが存在しなければこの制限はなくAWBはホワイトリストの必要もなく機能します。これは権限のないボット・プログラムがコミュニティで使用されるのを防ぐためです。

リソース

Botの利用と作成に関しての詳細は、AutoWikiBrowser (日本語)、Pywikipediabot (日本語)、Creating a bot (英語) をご覧ください。

特定のタスクでのBot作業依頼のためにBotユーザーを探すには、コミュニティセントラルのフォーラム英語版Community Centralのフォーラムにアクセスしてください。

関連情報

User blogs on bots

その他のヘルプとフィードバック

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。