Fandom


  • Plover-Y

    この記事は、Technical Updatesのお知らせの一部を部分的に翻訳したものです。



    • 注目動画は、ログインユーザーには表示されないようになりました。詳細は英語版ブログをご覧ください。(4/11)
    • wikia.orgドメインへのWiki移行を行いました。それに伴い、Fandomのドメイン移行が完了しました。(4/15)
    • ロゴ (左上の画像) をクリックした際、個人設定に基づく初期ページ (Fandom内のサイトにアクセスした際に最初に表示されるページ) に移動するよう変更しました。(4/25)
      • 最近の更新やウィキアクティビティに設定している場合、ナビゲーションバーの検索タブにメインページへのリンクが追加されます。
      • コミュニティ・フィードに設定している場合、ディスカッションのメニューにメインページへのリンクが追加されます。(コミュニティ・フィードは現在英語Wikiのみの機能です。他言語への対応は今しばらくお待ちください!)
      • 未登録ユーザーの初期ページはメインページ、新しく登録したユーザーの初期設定はコミュニティ・フィードとなっています。

    • Fandomの新体制についてにて、日本語のサポート体制についてお知らせしています。
    • システムエラーのため4月のスポットライト更新はお休みしました。スポットライトに関するお問い合わせは、特別:お問い合わせ/generalよりお願いします。
    全文を読む >
  • Plover-Y

    Fandomの新体制について

    2019年4月29日(Plover-Yさん)

    2019年1月、FandomはGamepediaを運営していたCurse Mediaと協力関係を結び、Curse Mediaの代表取締役であったDonovan Duncan氏を代表取締役として迎えました。

    これに伴い、Fandomのスタッフチームが改組され、すでにご存じの方もいらっしゃる通り、日本語チームのスタッフさんはいらっしゃらない体制となりました。新しい体制でご確認いただけるように、各言語のコミュニティ・スタッフの一部は引き続きコミュニティ・チームの一員ではありますが、今後はプラットフォームの改善を中心に取り組んでいくこととなります。

    残念ながら、日本語を含む、英語以外のコミュニティについては、スタッフによるサポート体制が縮小されたことを意味します。今後は、インターナショナル・ボランティア・チーム (IVT)が中心となって、IVTコーディネータースタッフのMtaÄとともに皆様へのサポートを行わせていただきます。


    • Eメールサポート:特別:お問い合わせ/generalは、これまで通り日本語でお送りいただけますが、今後、スペイン語・ロシア語以外のお問い合わせに対してのお返事は英語になります。スタッフからのお返事に関してご質問等がありましたら、可能な範囲でボランティアメンバーが対応致します。(詳しくは、ヘルプ:Fandomとの連絡をご覧ください。)
      • これまで通り、フォーラムやボランティアメンバーのメッセージウォールからお問い合わせいただくこともできます。ただし、特別:お問い合わせ/generalからのお問い合わせとは異なり、2営業日以内の返信をお約束することはできません。1週間程度経っても、フォーラムや各種のご依頼にお返事がつかない場合は、ページへのリンクを添えて特別:お問い合 ……

    全文を読む >
  • Plover-Y

    この記事は、w:thread:1626391からw:thread:1642937までのお知らせの一部を部分的に翻訳したものです。



    • 個人用CSSとJSの編集ボタンからビジュアルエディタを起動しないよう変更しました。(3/5)
    • ディスカッション機能を更新しました。記事タグ機能の追加などが行われています。詳細はブログおよびフォーラム (英語)をご覧ください。(4/1, 4/3)
      • 記事タグ機能を使うことで、記事と、その記事のタグが付けられたスレッドを一覧にして表示できます。こちらの例ではSeason08の話題を見ることができます。
    • クラシックエディタで下書きが自動保存されるようになりました。現時点では、こちらは記事の編集のみの機能です。詳細は4/2の Technical Update (英語) をご覧ください。(4/2)

    • ファイルのカテゴリが「カテゴリを追加」機能から追加できない問題が起こっています。お手数ですが、修正されるまでソースエディタから編集を行ってください。(3/13, 3/27)
    • 日本語のWikiでフォーラムのハイライト機能終了についての告知が消えない問題について情報をお寄せいただきありがとうございました。本告知は無効化されました。

    • システムエラーのため3月のスポットライト更新はお休みしました。
    全文を読む >
  • Plover-Y

    この記事は、w:thread:1618961およびw:Thread:1620425を部分的に翻訳したものです。


    全文を読む >
  • Plover-Y

    謹賀新年 (2019)

    2019年1月1日(Plover-Yさん)


    今年もコミュニティセントラルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

    すでにフォーラムにてお知らせしました通り、2019年のFandomは、日本語担当のインターナショナル・コミュニティ・ディベロップメント・チームスタッフさんがいらっしゃらない体制でスタートしました。

    今年も引き続きそれぞれのWikiでの活動をお楽しみいただけるよう、インターナショナル・ボランティアチームの日本語メンバー (ヘルパー)一同、Fandomスタッフの方々とともに、コミュニティやユーザーの皆さまのサポートを行ってまいります。何かお手伝いできることがあれば、どうぞ遠慮なくフォーラムやメンバーのメッセージウォールに、メッセージを残してください。また、Fandomスタッフへのお問い合わせもご利用いただけます。

    また、もし、1週間程度経っても、フォーラムや各種のご依頼にお返事がつかない場合は、ページへのリンクを添えて特別:お問い合わせ/generalにてご連絡ください。

    2019年が、皆さまにとって明るい1年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。


    現在、Fandomではインターナショナル・ボランティアチームのメンバーになってくださる日本語ユーザーの方を募集しています。

    インターナショナル・ボランティアチームとは、それぞれの言語でコミュニティやユーザーの皆さまを支援したいというユーザーによって作られたボランティアグループです。例えば、デザインが好きなメンバーは、メインページやWikiのテーマを作る手助けをしています。Fandomコミュニティでの編集経験を生かして、インターフェイスやヘルプページなどを翻訳しているメンバーもいます。自分の興味・関心を生かして、Wikiの編集をお手伝いしたり、新しいWikiを立ち上 ……



    全文を読む >
  • Kuro0222

    ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ作品「ファンタスティック・ビーストシリーズ」シリーズでは沢山の動物が登場しますよね?そんなファンタスティックなビーストに関する情報がハリー・ポッター Wikiにてファン達により追加されています!

    この記事ではその一部を紹介しますが、動物の詳細に興味のある人は是非ハリー・ポッターWikiを読んでみてください!




    ニフラーは、突き出た鼻とふわふわした黒い体毛が特徴の生物である。ニフラーは輝くものに惹きつけられる性癖があるため、宝物を探すのにもってこいだが、室内で飼ったり放し飼いにすると大混乱を引き起こす恐れがある。ただ、一般的に無害である。

    ホグワーツ魔法魔術学校では、第3学年の選択科目である魔法生物飼育学の授業にて二フラーについて学ぶ。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「ニフラーのページ」を参照




    オカミーは、最大体長15mほどの二つの飾り翼をもつ、二本脚の生物であり、蛇に似た魔法生物である。ネズミと鳥を主に餌にしているが、サルをさらうこともある。近づくものすべてのものに対して攻撃的である。卵は純銀で出来ており、密猟者たちにとって格好の獲物にされている。

    オカミーは、周りのスペースに合わせて自由に体を拡大縮小することができる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「オカミーのページ」を参照




    スウーピング・イーヴルは青と緑の翼を持つ魔法生物である。ヘビと巨大なチョウの中間のような外見をしている。空を飛ばない時はトゲがついた翼を丸め、緑色の繭のような状態になる。

    詳しくはハリー・ポッター Wikiの「スウーピング・イーヴルのページ」を参照




    ボウトラックルは昆虫を食べる手のひら大の生き物で、主に杖に使われる樹木に生息する。鋭くて長い指と茶色の目を持ち、見かけは樹 ……













    全文を読む >
  • Tomeito

    カテゴリはWikiを組織化するうえで極めて基本的かつシンプルなツールです。しかし同時に、カテゴリによって生じたいくつかの問題が、コミュニティのコンテンツを検索結果の上位に位置づける妨げになっています。

    今回は、従来と同じ見た目と利便性、パーソナライズ機能は維持しながら、SEO問題にも対処すべく先日リリースしたシンプルな新カテゴリ・デザインを皆様にご紹介します。


    カテゴリはMediaWikiの基本的な要素であり、ソフトウェアが始まってから現在に至るまで存在し続けている機能です。数年前、私たちはカテゴリ・エキシビジョンを含む新しい表示オプションを開発しました。これはカテゴリの内容をギャラリー風のビジュアルで表示する機能で、コミュニティごとにオンオフを設定できます。

    サイトの読者にとって、カテゴリの視覚的なブラウジングは非常に有益な機能です。また、本機能はカテゴリをリスト・モードで見るかフル=ギャラリー・モードで見るか個人で設定でき、さらに表示順もアルファベット順と閲覧回数順のいずれかを選べます。


    Googleは検索結果のランク付けをするためにページをスキャンしています。ランク付けの基準は常に進化しており、カテゴリページは以下に挙げる3つの側面で近年の基準に合致していません。

    1. ページ化:大きなカテゴリになると、各ページに200記事分のリンクもしくは画像が並んでいるだけで、それが第2、3、あるいは4ページ目へと延々と続いています。読者は「前の200件」もしくは「次の200件」をクリックして前後のページを移動しますが、構造が複雑で逐次的ではないため、Googleのクローラーを混乱させます。
    2. エキシビジョン・フィルター:エキシビジョン・モードでは、アルファベット順もしくは閲覧順の表示を選択した ……


    全文を読む >
  • Tomeito

    8月、私たちはWikiの現代化やモバイルの現代化といったプロジェクトの成功を背景に、新プロダクトの第一歩目のテストを行いました。本日、皆様にその詳細を発表したいと思います。

    長文になりますので、心の準備をお願いします!


    この1年と半年、私たちは皆様にWikiやモバイルの現代化について説明してまいりました。デザインのアップデートや広告の削減によって外見とパフォーマンスを改善するにとどまらず、現代化によってコミュニティを利用するユーザーを増やすこともできました。2014年から2018年にかけての編集および編集者数の推移は以下の通りです:


    編集者数はご覧の通り上下していますが、今までは全体的に下降傾向が見られ、特に広告を増やした2016年には活発な編集者を失ってしまいました。しかし主に2017年からページ・パフォーマンスの改善が始まると、編集者の数が再びはっきりと増加し始めました。

    私たちが今まで成し遂げられなかったのはユーザーの維持でした。編集をする人や読者が増えるのも大切なことですが、一度だけ来て離れてしまう人ばかりでは、健全なコミュニティをつくることはできません。

    そこで浮上した課題は、どうすれば編集数の増加を維持しつつ、編集者と読者に何度も訪問してもらえるような環境をつくれるか、ということでした。

    そこで私たちは上記の課題を念頭に、普段からコミュニティにいる編集者を今まで以上に惹きつけ、ユーザー維持に向けたコミュニティ主導の体験を構築するという明確な目標を立て、新しいプロジェクトを開始することにしたのです。


    私たちはこれまでにもユーザーを維持するため、チャットやメッセージウォール、記事へのコメント機能、ブログ、アチーブメントといった取り組みを行ってきました。しかし真に効果的なものは ……




    全文を読む >
  • Tomeito

    今年8月、これまでのwikia.comのドメインをfandom.comに移行することを発表しました。今回の移行に伴い、本社ではSEOへの影響をテストするための準備を大々的に行ってきました。そこで一度皆さまに本プロセスに関する情報および上記テスト方法、トラフィックの安定を保つ方法について説明し、皆さまのご質問にもお答えしたいと思います。

    基本的には、10月初頭、すなわち来週(正確な日付が決まり次第発表します)に約3,200のコミュニティを新しいドメイン構造に移行する予定となります。そのうちおよそ600 が英語コミュニティで、それ以外は11カ国語にわたる海外のコミュニティです。海外のコミュニティについても、グローバルでのHTTPS導入の一環として7月に発表した新しい言語パスをテストすることになります。

    今回のテストの主なポイントは以下の通りです:

    • なぜ3,200ものコミュニティを移行するのですか? 最も重要な目標は、皆様のサイトのトラフィックを保ちつつ、2019年以内に全ての移行を問題なく終えることです。短期的にはドメイン移行によってコミュニティへの訪問者数が減ることが予想される一方で、その間もGoogleやその他検索エンジンは状況に適応し続け、訪問者のトラフィックも正常化していきます。ただしこれを事前にテストし、正確な影響を測定する必要があります。現行および将来的なテストを通じて本社のSEOチームは迅速にあらゆる潜在的問題を解決し、トラフィックへの長期的な影響を回避していきます。
    • 移行テストはどのように実施されますか? テスト実施にあたり、移行対象のドメインに関連する250,000もの重要なキーワードを12カ国語にわたって準備しました。コミュニティの移行が完了次第、それらのキーワー ……
    全文を読む >
  • Plover-Y

    この記事は、w:Thread:1519950を翻訳したものです。


    全文を読む >
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。