Fandom


  • Fandom Developers WikiのあるJavaScriptが使いづらくて困っています。

    w:c:dev:CopyTextを利用したいと思っているのですが、こちらのスクリプトは
    「テキストをコピーしました」というポップアップがクリックする度に増加するため、
    それらを一つ一つ消す必要があり非常に使いづらいです。[参考画像]

    そのためコピー成功のポップアップのみをcssで非表示にしておりましたところ、
    CzechOut @fandom氏という方にそれは駄目だと削除され、試しにコードを削ってみるも拒否され、
    ではどうすればいいのですか」と尋ねてみても「元のコードを使え」の一点張りでした。

    残念ながら私にはJavaScriptの知識がなく自前でコードを正しく改修することができません。
    そこで恐縮ですが、スタッフ様の方からCzechOut氏に私に何らかの悪い企みがあるわけではないことと技術力不足のため可能であればコード改修に協力してほしいということをお伝えいただけないでしょうか。

      エディタを読み込んでいます
    • KCMWさん、こんにちは。

      日本語コミュニティのスタッフさんは数年前よりご担当の方がいらっしゃらない現状です。ヘルパーとして他のヘルパーさんやインターナショナル担当のスタッフさん等に相談してみますが、スクリプト自体のコード改善までは、申し訳ないのですがお約束できかねます。(直したい翻訳や、見づらいデザインなど、個人的に要望を挙げてもなかなか通せないのはわたしも同じなので…)

      ひとまず、w:c:ja.kancolle-motoneta:Special:MyPage/common.cssにて、

      .banner-notifications-placeholder {display: none !important;}

      を追加して試してみていただけませんでしょうか。 他の通知も艦これ元ネタWikiからは見られなくなるのですが、古い通知がいつまでも表示されるバグもありますしポップアップを消す手間は省けるのではと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • Plover-Y様、ご連絡ありがとうございます。
      現在の日本語コミュニティの窮状を理解しておらず手数をおかけして大変申し訳ありません⋯。

      ご提案いただきました方法に関しまして、以前同様の手段を全体用のcss上で試みてみましたところ
      先述のCzechOut様にダメ出しを頂いておりました。

      この場合
      .wds-success:not(:first-child) {display: none;}

      として「○○成功」のポップアップに限り最新のものだけ表示する、というのでも駄目でしょうか?
      重ねて恐縮ですがもし可能であればその辺りもお伺いいただけますと有り難いです⋯。

        エディタを読み込んでいます
    • 追伸です、何度もすみません。

      w:c:dev:MinimalBannersに表示するバナーの数は正の値であれば変えて良い、とありましたので
      当面はこちらを利用してみたいと思います。
      この度はご相談に乗っていただいて大変ありがとうございます。

        エディタを読み込んでいます
    • 何のお力にもなれずすみません。また、よい(当座の)解決策も共有くださりありがとうございます!

      以前同様の手段を全体用のcss上で試みてみましたところ先述のCzechOut様にダメ出しを頂いておりました。

      あのバナーを、(個人利用のCSSではなく)サイトのCSSで消してしまうことは残念ながら規約違反らしいのです……。(.wds-success:not(:first-child) {display: none;} はまだ確認していません。すみません。)

      もし、元のスクリプトが改善してもらえるようでしたら、ご連絡したいと思います。

        エディタを読み込んでいます
    • とんでもないです、この度はご尽力いただき本当にありがとうございました!
      吉報を首をうんと長くしてお待ちしております。

        エディタを読み込んでいます
    • Fandomユーザー
        エディタを読み込んでいます
このメッセージに「いいね」を付ける
このメッセージには既に「いいね」を付けています
誰がこのメッセージに「いいね」を付けたのかをみる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。